顔に自信を持とう

カウンセリング 皮膚にできると目立つほくろは、とても気になります。ほくろ除去のやり方を知ることによってニーズに合った除去ができます。また、病院へ行ってもどこの科を受けたらよいかがわからないため、個人の考えに合った受診する科がわかります。

詳しく見る

施術の選択

治療を受ける人 ほくろは皮膚科や美容皮膚科に行くと簡単に取ることできるので、悩んでいる場合はまず病院の行くのが大切です。ほくろの除去をする時はどのような施術を選ぶかを考えます。どのような施術を選ぶかで、その費用は異なります。

詳しく見る

女性

美容外科でトラブル解決

美容整形外科でほくろを除去したいという方は、実績が多く信頼のおけるクリニックでルールとマナーを守って施術を受ける必要があります。術後はほくろの再発を防ぐためにも、日焼けや傷口が濡れることがないように、保護テープで保護やUVケアが必須です。
医者と看護師

施術の選択を適切に

ほくろ除去ではレーザーを活用することもありますし、メスを使用する場合もあります。どの方法を選ぶのが良いかは、場所によっても異なります。顔にあるほくろを切除する時は、炭酸ガスレーザーが選ばれる場合が多いです。
顔に触れる女性

コンプレックスを解消

ほくろはできる部位によってはコンプレックスとなります。しかしながら医療機関で除去することが可能です。医療機関での除去の方法には電気メスを使用したものと、メスを使用したものがあります。いずれにおいても跡を残さないためには適切なケアが必要です。

次第に取るのを推奨された

カウンセリング

大きいものはメスで取る

西洋では古代よりつけぼくろが流行するなど、良い意味に捉えられていました。白い肌をより引き立てるというメリットがあってつけぼくろ文化ができ、さらにほくろの位置によって占いが考えられたり、ハート型や星型などを付けておしゃれを楽しんだりと発展していきます。しかし、徐々に取ったほうが良いという考えが登場し、19世紀頃のものと考えられる除去を勧める美容書も残されています。日本では人相学で良い意味に捉えられることが少ないこともあり、昔から邪魔者扱いされていました。江戸時代に書かれた美容指南書には既に除去法が掲載されているので、ほくろを取る手術は案外歴史が長いということがわかります。そうは言っても現代においても取ることは一般的ではなく、大きなほくろがなくなった芸能人がいるとネット上で噂になることは珍しくありません。それでも、ほくろによっては年数が経つと大きくなります。邪魔になるようなら、取ることを考えても良いかもしれません。ただ、稀に治療できないものもあり、治療可能かどうかは医師しか診断できません。まずは皮膚科か美容皮膚科、形成外科などに相談してください。

最も気になるのは、顔にできた大きなほくろではないでしょうか。印象的なのでチャームポイントになる一方で、生活上邪魔になることもしばしばです。およそ5mm以上あれば、メスで切り取る切除法が用いられます。顔にメスを入れるとなると不安を覚える人は多いでしょうが、局所麻酔のお陰で痛みを感じない上に、レーザー治療よりも確実に細胞を除去でき、綺麗に治ります。除去後は細い糸で縫合し約1週間後に抜糸、この頃はまだ赤味が気になるかもしれませんが、3ヶ月も経てば消えている人がほとんどです。傷跡は残るものの、肌のキメやシワなどに紛れるため、人から見て明らかにわかるような大げさなものにはなりません。ほくろが小さい場合は、炭酸ガスレーザーを使うことが多いです。色素ではなく水分に反応するのが特徴の機器で、削り取るパワーが強いため局所麻酔を使うのが一般的です。切除法は初診日に施術することは難しいですが、レーザー治療は行えます。再診は約2週間後、数ヶ月間赤味が残り、深く削った場合は傷跡が残る傾向にあります。