施術の選択

治療を受ける人

どのような病院に行くか

ほくろが増えて悩んでる人は多いですが、皮膚科や美容皮膚科に行くと簡単に除去できます。ほくろは大きさや性質により治療方針は異なりますので、まず検査をする必要があります。その大きさによって除去する施術は異なり、3ミリ以下の比較的小さいものであれば、炭酸ガスレーザーで短時間で取り除けます。ほくろの大きさ深さは様々で、大きいタイプや色素の根が深い場合は、数回除去して徐々に取り除く場合もあります。大きめで色素の根が深い場合は、メスで切開して取り除いて再度縫うという方法を取る場合もあります。盛り上がった大きなほくろや、色素が濃くて根深いほくろなどは、メスで切除するのが一般的となっています。切除した部分は細い縫合を行うので、傷跡はほとんど目立たなくなります。皮膚科や美容皮膚科で取ることができますが、傷跡あまり残さないためには美容外科に行くと良い場合が多いです。どのような施術を行うかで、皮膚科か美容皮膚科に行くべきかは異なります。病院選びをする時は様々な情報を得るのが大切です。

ほくろの除去にかかる費用は施術によって異なります。炭酸ガスレーザーによる方はメスを使わない画期的な治療法です。その除去費用は保険適用かどうかで異なります。炭酸ガスレーザーによる方法で切除すると当日から洗顔もできて、メスによる手術とは異なり施術時間も極めて短期間で済みます。レーザーの跡はすぐに目立たなくなりますが、炭酸ガスレーザーに切除が可能なるのはせいぜい3ミリぐらいまでのほくろとなります。盛り上がったタイプでも炭酸ガスレーザーによって、ほとんど目立たなくすることもできます。炭酸ガスレーザーを使用する時もメスの場合と一緒で、痛みの極めて少ない局所麻酔を使用します。ほくろはその大きさによって治療法が異なりますので、カウンセリングで治療法に関する説明はよく受けるのが大切です。自分に合う皮膚科や美容皮膚科を選ぶことが、理想通りにほくろ除去をする上で大切です。ほくろの除去の費用はどのような施術を行うかで異なりますし、何回施術を行うかで異なります。