施術の選択を適切に

医者と看護師

施術後のことも考える

ほくろを除去する理由は様々で、見た目を重視して切除する人は多いです。ほくろ治療は保険診療内で行えて、 顔を洗う時に引っかかる場合や、ひげを剃る時などに引っかかって出血する場合などは保険診療適用となります。完全な美容目的の場合は保険がきかなくて自己負担となるので、費用を考える際には保険適用が可能かどうかを知るのは大切です。ほくろの治療でレーザー治療がよく行われています。レーザー治療の技術は進化していて、炭酸ガスレーザーが活用されます。炭酸ガスレーザーを活用すると、除去が楽にできます。炭酸ガスレーザー治療では切除後に赤みが出ますが、赤みが引くとその後は目立たなくなります。炭酸ガスレーザー治療では、必要最小限の範囲だけにレーザーを当ててほくろ除去できます。このため、施術後の痕は目立たないです。炭酸ガスレーザーは短時間での施術が可能で人気です。ほくろの除去をする時は、どのような方法を選ぶかを考える必要があります。レーザーの他にメスを使用しても除去できます。

場所によってほくろ除去の方法が異なります。どのような場所にあるかで、切除法は異なります。比較的浅い場所にある場合や顔の周りにある場合は、炭酸ガスレーザー治療が向いています。より傷痕を少なくしたいために、炭酸ガスレーザーを選ぶことは多いです。傷を縫いたくない方にもレーザー治療をお勧めできます。ほくろを除去する方法として、炭酸ガスレーザー治療の他にも、メスによる手術があります。メスでほくろを切除して縫い合わせるやり方でもほくろが取れます。手術治療ですと炭酸ガスレーザーに比べて、傷の面なので仕上がりがあまり良くないですが再発の可能性は炭酸ガスレーザーよりも少ないです。このため顔以外の部位でほくろを取る時には、メスを使用する方法が選ばれる場合が多いです。皮膚科で切除を行う時はアフターフォローをどのぐらい行っているかを知るのが大切です。皮膚科を選ぶ時は総合的な視点を持つのが大切です。メスによる方法を選ぶか、炭酸ガスレーザーを選ぶかで選択する皮膚科が異なることがあります。